【メディア掲載】2021/3/31 日刊建設工業新聞


2021年3月31日刊行の日刊建設工業新聞「所論諸論」に、弊社代表清水による「妊娠、育休、職場復帰・・・女性部下に伝えるべき言葉とは」が掲載されました。


これまでの日本企業における女性向けの両立支援施策は「長く働き続けられる」ように支援することであり、上司の関わり方も「無理をさせない」ことに重きをおくことが推奨される気配もあったが、今は違う。

直属の女性部下から妊娠等を告げられたときは、ライフイベントを迎えた彼女たちも将来の中核人材であることにを念頭においた励ましのメッセージを伝えてほしい。

また、妊娠中や育休明けの女性部下には配慮が必要であるが「簡単な仕事の方が楽だろう」などの勝手な思い込みによる過剰な配慮にならないように気をつけて欲しい。

これから一層、女性たちに組織の中核を担ってもらうためには、上司からの「無理しないで」という声掛けは禁物であり、女性部下の可能性を信じて成長を後押して頂きたい、と提言しています。